Close

主催:インキュベクス株式会社  

後援:社)日本自立支援介護・パワーリハ学会  

芸能人のお母様の介護度が、その先進理論で大幅に改善したという放送が、昨年末にTBSで流れました。

今、注目のその理論とは、「竹内式」の「自立支援介護」。 提唱者は、国際医療福祉大学大学院の竹内 孝仁 教授です。   

テレビ番組でもその先進理論が

取り上げられています。

そんな竹内教授が自ら、9月1日(土)の特別講演「在宅で行う自立支援」に、登壇されます。



そう竹内教授は、国際医療福祉大学大学院の教授であり、一般社団法人日本自立支援介護・パワーリハ学会の会長でもあるだけでなく、インキュベクスの顧問にも就任されていることから、特別出演が実現したのです。

テレビ番組だけでなく、2016年には内閣府の「未来投資会議」に竹内教授が出席し、安部総理からも「自立支援介護」を推進する言葉がありました。 

2018年度の介護報酬改定で、「自立支援介護」はどのようにクローズアップされたのか? 


そして、「自立支援介護」は在宅介護にどんな影響を与えるのか?


 直接、竹内教授のお話を聞いてみてください。 


 9月1日(土)この機会をお見逃しないよう、是非、ご参加ください。


今後「自立支援介護」はどのように 

クローズアップされたのか?

当日のプログラム

12:00~12:50 受付開始

12:50~12:55 開会 

12:55~13:00 社長挨拶

13:00~14:20 第一部講演

14:20~14:40 休憩

14:40~16:10 第二部講演

16:10~16:15 閉会

「人生の最期をご一緒できる素晴らしい時間に感謝」

介護支援専門員<株式会社グランシェル/代表取締役>

小林 聖子【訪問介護】

              

第一部講師

「自立支援を叶えるときに大切にしていること」

一般社団法人日本自立支援介護・パワーリハ学会 会長

第二部講師

竹内 孝仁

介護支援専門員

<東京海上日動ベターライフサービス株式会社/ソリューション事業部>


座長

介護福祉士<インキュベクス株式会社/自立支援介護チーム>

久保 明人【施設介護】

1966年:日本医科大学卒業、東京医科歯科大学医学部整形外科所属、整形外科およびリハビリテーション医学を研修、1978年:東京医科歯科大学整形外科講師、1991年:日本医科大学教授、2004年:国際医療福祉大学大学院教授。一般社団法人日本自立支援介護・パワーリハ学会会長、日本ケアマネジメント学会理事、自立支援介護の先駆けとなる離床運動やオムツはずし運動などを展開。


現在は、全国老人施設協議会で「おむつゼロ特養」を次々に誕生させると共に、日本自立支援介護学会会長として、自立支援介護の理論と実践を全国の介護現場に拡げる活動を展開し、また、その活動を通じて介護職の職業意識・知識の向上、専門化の重要性も訴え続けている。


2008年:北日本医療福祉専門学校卒業、社会法人 いつつ星会 特別養護老人ホームわくわく荘入社、2015年:特別養護老人ホームあかいの郷入社、2015年:国際医療福祉大学院医療福祉経営専攻 修士課程修了、2016年:国際医療福祉大学院保健医療学専攻 博士課程。


介護福祉士、 一般社団法人日本自立支援介護・パワーリハ学会認定講師(第117125号)、介護福祉・ケアマネジメント学 修士など


小山 孝子【通所介護、訪問看護】

              

講師紹介

介護福祉士・介護支援専門員

<医療法人社団志仁会/介護老人保健施設ラ・サンテふよう/指定訪問介護事業所・所長>

自立支援を叶えるために、真のニーズを明確にすること!

サービス事業所に対しては、ケアを明確にして「オーダー」し、チーム連携を図っています。

ご本人・ご家族からは、早期に信頼関係を構築し、ケアの同意を得ています。

泉 洋枝【居宅介護支援】

「基本ケアで体調管理。できることには手を出さない」

開催概要

日 時:2018年9月1日(土) 12:50~16:15(12:00受付開始)

会 場:横浜市西地区センター/西公会堂  横浜駅徒歩10分

所在地:神奈川県横浜市西区岡野 1-6-41

参加費:無料(先着500人) 

© 2006-2018 INQUVEX,Inc.